生活習慣を改める最新デトックス

この頃のように寒い季節には活動量が減って、室内で活動することが多くなります。それによって、他の季節より老廃物や毒素排出がさらに難しいのは仕方がないことでしょうか。 このような日にしやすいデトックス生活法を紹介する。

84265

1息ゆっくり、深く休むこと

息を吸い込む時新鮮な空気で肺を満たして、息を吐き出す時汚染された空気と毒素を排出しなければならない。 ゆっくり、深く息をすれば一度に排出する毒素量がはるかに多くなる。 息を吐き出す時船内側を圧迫すれば胃をマッサージする効果があって消化作用を助ける。 肺活量は正しい呼吸法で練習して増やすことができる。 からだを正しく立て直して、息を吸い込む時胸を胃と外側に押し出すようにイメージをしよう。

2からだをこすること

乾いたタオルやボディーブラシで全身を髪とかしするようにこすれば、皮膚表面の血管とリンパ線が刺激されて老廃物排泄機能が良くなる。

心臓で遠い側で心臓側に、からだの外側から内側に円を描いて皮膚が暖かくなる時までこすろう。 5分で充分だ。

3水たくさん飲むこと

私たちのからだも部屋を掃除する時と一緒で、体の老廃物をきれいにする時は水が必要だ。 水が老廃物を運ぶためだ。 水分が不足すればからだ中にある水分をつかんで排泄しなくするので水をたくさん飲まなければならない。

私たちのからだは一日に3L程度の水分を排出する。 呼吸と汗、皮膚で0.5Lずつ、代弁と小便で1.5L排出する。 大使反応からできる水と食べ物で摂取される水分を考慮しても一日に1.5L以上は飲むことを記憶しよう。

4一日10分でも太陽の光を受けること

外での活動が減るほど運動量が減る。
大腸運動も鈍くなって便秘ができる。 便秘にかかれば下腹にガスが充満してからだが重い。 不快な気がして、神経が鋭敏になる。 これは気持ちと睡眠を調節して食欲を抑制するセロトニンのためだ。 セロトニンの80%が場に留まって脳と情報を交換するが、場内毒素がたくさん積もったり炎症ができればセロトニン分泌が減って気持ちも影響を及ぼす。

84270

一日10分でも太陽の光を受けて散歩すれば不足した活動量を増やしてセロトニン分泌を促進することができる。

5入浴法を工夫してデトックス

入浴は効果的なデトックス方法だ。
水風呂と温湯に交替してからだを漬ける冷温法が代表的なのだが、血液とリンパ循環が活発になってからだの中老廃物を除去するのに効果的だ。 家ではとても熱くない水で3分の間入浴した後、冷たい水に変えて2分程度入浴すれば良い。

3回交替して入浴した後タオルでからだをマッサージしよう。 とうてい冷たい水で入浴できないならばお湯だけ利用してもかまわない。 お湯で入浴すれば体温が上がって新陳代謝が活発になる。

リンク

東京みずき法律事務所は東京駅徒歩2分の交通事故に強い弁護士事務所です。交通事故被害者の方が
損をしない、相手側の保険会社に騙されない。対応を間違えると賠償金は大きく損をしてしまう可能性があります。交通事故被害者になってしまった場合には、一度連絡してみましょう。